光造形

SLA(Stereolithography)とも呼ばれます。紫外線硬化の液体エポキシ樹脂に紫外線レーザーを照射することによって硬化、積層させることでモデルを作製します。
透明または半透明の仕上がりです。(高透明が必要な場合は、別途後処理が必要です。)

機種 ATOMm8000 他 材料 エポキシベース
積層厚 0.10mm , 0.15mm
(0.20mm)
最大一括造形サイズ 800×600×400mm
加工精度 ★★★ 強度 ★☆☆
コスト ★★☆ 納期 ★★★

特徴

短納期対応

冷却が不要なため、造形完了後すぐに取り出すことができます。
ご発注のタイミング・作製サイズにより、当日発送も可能です。

高精度

3Dプリンターのなかでも硬化時の収縮やそり・変形が少ないのが特徴です。造形精度が高く、コネクターなどの嵌合確認モデルも作製可能です。高い造形精度でコネクターも制作可能です。

  • 光造形方式の3Dプリンターでコネクタを造形
  • 光造形にクリア処理を行ったヘッドカバー

表面構造が緻密、切削性が高く研磨にも適応

液体樹脂を硬化させるため、表面が緻密でなめらかです。そのままでもプレゼンテーション用や営業用としてご使用できます。
また切削性が高く、研磨が容易です。 表面を研磨し、シリコーンでの型取りを行う真空注型用のマスターとして利用したり、クリア処理を行い鏡面に仕上げることが可能です。

形状再現の目安
0.3mm(最小肉厚)

精度の目安
XY方向±0.1mm,Z方向±0.3mm

納期の目安
翌日発送が可能です。

3Dプリンターサイトのお問合せボタン