植物の複雑な形状をスキャンして複製

CTスキャン
粉末焼結方式

概要

盆栽
粉末焼結造形で製作した盆栽

極めて複雑な形状をもつ盆栽をCTスキャンして、粉末焼結(ナイロン)造形で再現しました。
今回の場合、光学式スキャンでは無数の枝葉によって部分的にしかスキャンすることが出来ませんでしたが、CTスキャンを行ったことで、微細な葉の形状や、盆栽内部の年輪までスキャンすることに成功しました。※JMCではラインレーザーによる非接触測定も行っています。ラインレーザーは、その他のスキャン方式よりも優れた寸法精度で形状を取得することが可能ですが、反面レーザーの当たらない影の部分をスキャンすることはできません。

ミリフォーカスCTのphoenix v|tome| x C450
今回使用したCTスキャナ
3Dデータ化された盆栽
CTスキャンで3Dデータ化された盆栽
盆栽の断層画像
断面画像

スキャンしたデータをSTLデータに変換し、3Dプリンターで出力します。プリント方式は、盆栽の複雑な形状を考慮し、サポート材が不要で強度にも優れる粉末焼結(ナイロン)造形で行っています。

工法概要

【形状取得】
工法:CTスキャン
使用装置:Phoenix v|tome|x c450

【3Dプリント】
工法:粉末焼結方式
樹脂:ナイロン粉末
積層ピッチ:0.1mm
使用装置:Sinterstation HiQ

その他の事例

TOPに戻るボタン