3Dデータ作成・3Dスキャン

3Dプリント用データの作成・編集もお任せください

図面・イラストからモデリング図面・イラストからモデリング

設計図面やイラスト、写真などから当社エンジニアがモデリング

3Dデータをお持ちでない場合、専門のデータチームが、設計図面やイラストからお客様のイメージを形にします。
また形状編集のみのご相談も承ります。

医療用CT・MRIのデータからモデリング医療用CT・MRIデータからモデリング

病院等で撮影したCTやMRIデータから人体・臓器の3Dデータを作成

医療用CTやMRIで撮影された断層画像をもとに3Dデータ化を行います。一部の器官のみを抽出したり、形状編集を行うなどの操作も可能です。またJMCが保有している汎用の臓器データもご利用いただけます。

非接触測定非接触測定による3Dスキャン

レーザーを使用した精密スキャンによって3Dデータを作成

レーザーによる非接触三次元測定によって、測定誤差0.018mmを目安とした高精度の3Dスキャンを行います。短時間で精度の高い測定が可能ですが、レーザーの届かない深い溝やアンダー形状の測定には不向きです。

産業用CTスキャン産業用CTスキャンによる3Dスキャン

産業用に特化したハイエンドCTスキャナによって3Dデータを作成

測定精度は対象物の大きさや材質によって左右されますが、小型の樹脂部品などは非接触測定を超える緻密さで測定を行うことが可能です。またX線を使用するため、光学式の測定機器では捉えることのできない深い形状や、製品の内部までスキャン可能で、リバースエンジニアリングによく利用されます。

フォトグラメトリフォトグラメトリによる3Dスキャン

写真から色情報をもった3Dデータを作成

多数の写真をコンピュータ処理することで3Dデータを作成します。X線やレーザーと比較して精度が大きく劣る反面、写真を元にしているため色情報の取得が可能です。また専用ブースを利用することで数百分の1秒という短時間で撮影が完了するため、人や動物など動くものを3Dスキャンしたいときに有効です。

現物複製現物複製

3Dデータを介さずに直接現物を複製

現物を複製したい場合、3Dスキャンや3Dプリンターよりも安価な方法をご提案できることがあります。工法は対象物によって様々ですので、まずはご相談ください。

TOPに戻るボタン