ネジ加工

モデルにネジが必要な場合、
大きく分けて3通りの作製方法があります。

インサートナット圧入/接着インサートナット圧入/接着

下穴のみ造形し、後加工でインサートナットを圧入または接着する方法。

真鍮(しんちゅう)などの金属製インサートナットを用いるため、ネジ部の加工精度と強度を上げることが可能です。造形の寸法誤差を考慮せずに作成が可能ですので、ネジ穴が必要な場合はお勧めの方法です。

タップ・ダイス加工(ネジきり)タップ・ダイス加工(ネジきり)

3Dデータ上ではネジの周囲の形状のみ作製し、タップ・ダイス加工で表現する方法。

インサートナットと比べ小スペースでネジ穴が作れるため、より最終製品に近い形状の作製が可能です。ただし強度は造形品に依存するため、光造形など強度の低い造形方法の場合は、取り扱いに注意が必要です。

ネジを造形する方法ネジを造形する方法

ネジ形状を3Dデータ上で作成し、それを直接出力する方法。

規格にない特殊ネジの場合でも作製が可能で、造形後すぐに使用することができます。一方で強度は造形品に依存するため、光造形など強度の低い造形方法の場合は、取り扱いに注意が必要です。またネジピッチが小さい場合、ネジ山が再現されないかネジとして機能しない可能性があります。ピッチ0.5mm以下の場合は作製不可の場合があります。

TOPに戻るボタン