3Dプリンターのできること、できないこと

「何でも出来る魔法の箱」「夢の印刷機」とメディアでは紹介されたことがありますが、3Dプリンターを使うことで何が出来るのでしょうか。
実際には、工業製品の試作品に使われる事がほとんどです。それ以外には、デザイナーや企業の展示物制作、3Dスキャンなどを利用した立体フィギュアなど、ノベルティ要素が高い製品に使われます。積層工法は理論上、製作できる形状に制約が無く、かつ短時間での製造が可能です。しかし、層と層の結合部が破断しやすく強度面で大きな制約がある点、また製造コストの面から量産品にとってかわるものではありません。

3Dプリンターで製作したサンプル品 3Dプリンターで製作したサンプル品
TOPに戻るボタン