塗装

3Dプリンターで作製されたモデルは表面に積層段差が現れます。塗装の前後でモデル表面をどこまで仕上げるかによって、塗装後の仕上がり・コスト・納期が変わります。
塗装一覧


簡易塗装
表面研磨をせずに塗装を行います。短納期・低コストで着色が可能ですが、モデル表面に積層段差が残ります。

簡易塗装
塗装仕上げ
表面研磨を行い、塗装を行います。モデル表面の積層段差を研磨することによってなめらかな仕上がりとなります。仕上げ範囲を限定することで納期短縮が可能です。また、真空注型マスターとしてもご使用頂けます。

塗装仕上げ
鏡面仕上げ
表面研磨を行い、塗装を行います。塗装後更に研磨することで表面を鏡面状態にすることが可能です。納期・コストはかかりますが、展示用モックアップ等にも適しています。

鏡面仕上げ
調色(カスタムペイント)
市販の塗料にない色に着色したい場合、色をつくること(調色)が可能です。色見本をご支給いただくか、色見本PANTONE(右図)にて色をご指定下さい。ツヤ消し・ツヤ有りのご指定も可能です。
また、有色クリアやガンメタリックなどの特殊塗装も対応いたします。
※調色作業はレベル合わせが必要です。本塗装の前に試し塗装品の確認をお願いする場合があります。

調色(カスタムペイント)
シボ(梨地)塗装
モデル表面をシボ調(梨地調)にしたい場合、塗装による再現が可能です。シボ見本をご支給いただき、色をご指定ください。
※塗装による再現ですので作製不可の場合もございます。ご了承ください。

シボ(梨地)塗装
可視化(透明)処理
積層法という工法上、3Dプリンター製品の製品表面は微細な階段状となり、透明材料であっても見かけは”くもりガラス”の様になります。高透明が必要な場合、後処理が欠かせません。
①積層段差を削り落とし、磨きます。
②クリア塗装(透明な塗装)を行います。
③さらに表面を磨きます。

可視化(透明)処理