他工法・後加工

試作・開発のスピードアップを支援するサービス体制

3Dプリンターはそのスピードや再現性に大きな優位性がありますが、決して万能ではありません。
精度・強度・コストに制約があるため、その用途は比較的限られたものです。
しかし、その欠点を補うように他の工法と組み合わせて使うことで、
3Dプリンターの用途を大きく広げることができます。