3Dデータについて学ぶ

様々な形式からSTL形式の3Dデータに変換 ソリッドデータ化してSTL形式で保存

3Dプリンターを用いて、立体の造形物を作り出すためには、ソリッドデータと呼ばれるデータが必要です。ソリッドデータとは、体積情報をもったデータのことです。

スライスデータに変換して造形 積層ピッチでスライスデータを作成し積層

3Dプリンターは造形のためのデータ作成の際、積層ピッチと同じ間隔でモデルを輪切りにしたスライスデータと呼ばれるものを作成します。この一層一層のデータにしたがってシートを描画し、積層していきます。

厚みのないサーフェスの取り扱い 体積情報を持たないデータの取り扱い

体積情報を持たないデータの場合、このスライスデータ(輪切りのデータ)を作成することができません。どれ位の厚みでどの箇所を描画していいかを装置が認識できないためです。

パーツ同士が僅かに離れている場合の問題点 パーツ同士の間隔が狭い場合の問題点

また、パーツ同士の間隔が小さいと、工法上の問題でパーツが一体化してしまいます。この一体化したパーツはデータ上で一体化させたモデルと比べると完全に接着しておらず、それぞれのパーツの境界線によって製品表面が荒れる場合があります。パーツ同士を結合させる場合は、あらかじめデータ上でしっかりと結合させておく事が必要となります。

接点が0mmである場合の問題点 接している面積が少ない場合の問題点

接している面積が少ないとパーツ同士は結合しないため、データ上でその面積を増やすことが必要になります。また面積によっては結合状態で造形出来ても、ステージからの取外しや洗浄などの後処理の際に破損してしまう恐れがあります。

交差しているサーフェスの取り扱い 面同士が交差している場合の取り扱い

面同士が交差していると法線情報が不正となり、体積のあるモデルとして成立しなくなります。下図のような形状のモデルの場合であれば、肉を増したりするなどの対応が必要となります。

CADソフトの相性による形状の化け CADソフトの相互問題による誤修正の可能性

モデル編集ソフトには他の3DCADソフトで出力されたデータを、造形用に自動的に修正を加える機能があります。しかし、ソフト同士の相性問題で、法線情報などから誤修正を加えてしまうことがあります。

肉厚が極端に薄い場合のトラブル 肉厚が極端に薄い場合データが消える可能性

積層ピッチより肉厚が薄い場合には、スライスデータを作成する際に形状がデータに反映されず消えてしまうことがあります。

嵌合部品の形状のオフセットについて 嵌合部品の形状のオフセットの必要性

嵌合(かんごう)確認
嵌め合わせにはオフセット設定が必要です。JMCでは嵌合確認が必要なパーツには、X軸とY軸方向では左右にそれぞれ片側0.1mm以上、Z軸方向では片側0.2mmのクリアランスを設定して頂くよう依頼しております。

TOPに戻るボタン