粉末固着造形(石膏)
ローコスト短納期

粉末固着造形(石膏)

粉末固着造形とは

粉末固着方式とも呼ばれます。インクジェット方式に分類されることもあります。
プリンタヘッドから結合剤を吐出し、石膏の粉末を硬化させ積層していくことでモデルを作製します。データに色情報を付加する事で着色されたモデルを作製できます。仕上がりはざらついた表面、不透明です。

機種 Z printer650 他
材料 石膏粉末
積層厚 0.10mm
最大一括造形サイズ X250 × Y380 × Z200mm
形状再現の目安 0.6mm(最小肉厚)
精度の目安 XY方向±0.1mm,Z方向±0.1mm
  • 加工精度
    gradegradegrade
  • コスト
    gradegradegrade
  • 強度
    gradegradegrade
  • 納期
    gradegradegrade

特徴

  • 短納期対応

    造形時間が短く、また造形の前処理・後処理も比較的容易なため、短納期での対応が可能です。

    粉末固着造形(石膏)の製造風景粉末固着造形(石膏)によるエンジンブロックのモックアップ
  • フルカラーで造形

    データ上の色情報を出力することができます。色あいの確認ができるだけでなく、寸法精度などのカラーマップを造形モデルに載せるなどの応用も可能です。

    粉末固着造形(石膏)による立体地図粉末固着造形(石膏)のカラーサンプル