3Dプリンターを利用した医療用実体モデル

粉末固着方式

概要

3Dプリンターは、3Dデータから短時間で製造可能であるため、緊急性を要する医療用実体モデルの製作に用いられることがあります。
患者様の医療用CT・MRIデータ(DICOMデータ)もとに実体モデルを作製し、手術前の検討・医療用治具の製作に用いられます。このような実体モデルの製作には、CT・MRIデータ(DICOMデータ)から造形可能なデータ(STLデータ)への変換が必要です。JMCでは、データ変換から実体モデル作成まで一貫して行うことで、より迅速なモデル製作が可能です。

頭部のDICOMデータ
DICOMデータ
頭部の3Dデータ
STLデータ
石膏粉末造形の装置
粉末固着(石膏)造形
石膏粉末造形で製作した頭蓋骨の模型 石膏粉末造形で製作した頭蓋骨の模型

製作の様子

工法概要

工法:粉末固着方式
材料:石膏粉末
積層ピッチ:0.1mm
リードタイム:当日~翌日発送

その他の事例

TOPに戻るボタン