3Dプリンター方式

各種3Dプリント工法による特性の違い

3Dプリンターは、造形方式・装置や材料によって、 作製可能なサイズや強度・再現性・スピード・コストが大きく異なります。 用途にあわせた造形方式・装置や材料をご提案致します。

3Dプリンター方式

各種3Dプリント工法による特性が異なります。
JMCでは用途にあわせた造形方式・装置や材料をご提案致します。

  • 光造形

    光造形

    高精度・短納期
    精度
    ★★★
    強度
    ★★
    コスト
    ★★
    納期
    ★★★

    エポキシ系液体樹脂に紫外線レーザーを照射して積層します。精度が高く、微細な形状も造形可能です。透明度を高める後処理も可能です。

  • 粉末焼結造形

    粉末焼結(ナイロン)造形

    高強度・高耐熱
    精度
    ★★
    強度
    ★★★
    コスト
    ★★
    納期
    ★★

    ナイロン(ポリアミド)の粉末を熱レーザーで焼き固めて積層します。強度・耐熱性を求められる製品によく使用されています。

  • フルカラーUV硬化インクジェット方式

    フルカラーインクジェット

    色鮮やか・透明
    精度
    ★★
    強度
    ★★
    コスト
    ☆☆
    納期
    ★★

    アクリル系樹脂を紫外線で硬化させてモデルを作製します。高発色で鮮やかな色味と滑らかな仕上がりで、表現力豊かな造形が可能です。

TOPに戻るボタン