光造形(シーメット社 SLA)
高精度透明試作

工法概要

SLAとも呼ばれます。紫外線硬化の液体エポキシ樹脂に紫外線レーザーを照射することによって硬化、積層させることでモデルを作製します。透明または半透明の仕上がりです。(高透明が必要な場合は、別途後処理が必要です。)

機種 ATOMm8000 他
材料 エポキシベース
積層厚 0.10mm , 0.15mm(0.20mm)
最大一括造形サイズ 800 × 600 × 400mm
形状再現の目安 0.3mm(最小肉厚)
精度の目安 XY方向±0.1mm,Z方向±0.3mm
納期の目安 最短翌日発送
  • 加工精度
    gradegradegrade
  • コスト
    gradegradegrade
  • 強度
    gradegradegrade
  • 納期
    gradegradegrade

特徴

  • 短納期対応

    冷却が不要なため、造形完了後すぐに取り出すことができます。ご発注のタイミング・作製サイズにより、当日発送も可能です。

  • 高精度

    硬化時の収縮やそり・変形が少ないのが特徴です。造形精度が高く、コネクターなどの嵌合確認モデルも作製可能です。
    高い造形精度でコネクターも制作可能です。

    光造形によるコネクタ試作光造形によるコネクタ試作
  • 表面構造が緻密、切削性が高く研磨にも適応

    液体樹脂を硬化させるため、表面が緻密でなめらかです。そのままでもプレゼンテーション用や営業用としてご使用できます。

    また切削性が高く、研磨が容易です。 表面を研磨し、シリコーンでの型取りを行う真空注型用のマスターとして利用したり、クリア処理を行い透明度を高めることが可能です。

    光造形による透明可視化モデル光造形による医療機器試作

材料ラインナップ

  • TSR-883

    形状再現性が高く、細かい形状を有する製品の勘合確認、意匠確認などに最適です。
    TSR-821よりも透明度が高く、研磨・クリア塗装を行い可視化模型として利用可能です。
    また、消失性が良く、鋳造マスタにも使われます。

  • TSR-821

    靭性が高く、タップ加工・切削加工も可能です。TSR-883と比較し、僅かながら積層段差が目立ちづらい傾向があります。
    肉厚の場合、TSR-883よりもやや黄みがかった淡黄白色の仕上がりになります。

工法比較表

CMET社 SLA Formlabs社 SLA 3D Systems社 DLP EOS社 SLS
工法 光造形
CMET社 SLA
光造形
Formlabs社 SLA
光造形
3D Systems社 DLP
粉末焼結造形
EOS社 SLS
寸法精度
表面滑らかさ
耐久性
靭性
量産
可視化模型
ワークサイズ

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

※スクロールで隠れている場合があります。

お見積り依頼・お問合せ