光造形による容器の試作

光造形方式
段差処理
クリア塗装

容器形状の試作品は従来、切削加工や簡易的な金型によって作製されてきました。切削加工では一体での内部形状の再現が困難で、基本的に分割での製作となるため、内部形状や液体を封入しての検討には不向きでした。また、金型では多大なコストと納期がかかるため、複数形状の検証が制限される結果となっていました。光造形で直接モデルを製作することで、試作費用を1/10以下に抑えることができるだけでなく、内部形状や液体を封入して検討も可能になりました。

ペットボトルの試作 ペットボトルの試作

工法概要

工法:光造形方式
材料:TSR-883(シーメット株式会社製 エポキシ樹脂)
積層ピッチ:0.15mm
追加処理:内側:クリア流し込み / 外側:段差除去+クリア塗装
リードタイム:1週間

その他の事例

TOPに戻るボタン