数量とコスト

3Dプリンターはその工法によってコストが異なりますが、同じものを複数個作製した場合の金額変化にもそれぞれ特徴があります。また、真空注型や簡易金型を考慮に入れることで数量ごとの最適な工法が見えてきます。
※下記は一例であり、モデルのサイズ・形状・納期によって大きく異なります。

イニシャルコストと数量によるコストメリットの変化 イニシャルコストと数量によるコストメリットの変化

3Dプリンターでの製造に型は不要ですが、材料コストが大きいのが特徴です。
型を用いた反転での製造では材料コストを抑えられますが、型費用として初期コストがかかります。そのため、少量生産の場合は3Dプリンター、大量生産の場合は型(真空注型、簡易金型)での製造にメリットがあります。ただし形状によっては型での製造が困難で、大量生産においても3Dプリンターにメリットがあることもあります。

TOPに戻るボタン