3Dプリンターブームについて

2012年10月「WIRED」の元編集長であるクリス・アンダーソンの著書【MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる】で、3Dプリンターを「大企業だけが可能だったモノづくりが、個人の手でも行われるようになる」ツールとして紹介したことで、ブームの口火が切られました。自動車メーカーのフォードが、全ての社内エンジニアに3Dプリンターを配布する方針を決めた事も大きな話題となりました。そして、2013年にオバマ大統領が一般教書演説です、「3Dプリンターは、あらゆるものづくりに革命をもたらす。新たな産業がアメリカから生まれるにちがいない。」と言及したことが決定的となり、世界中で「3Dプリンター」が注目されるようになりました。また、同時期に関連特許の一部が期限切れのため装置製造への新規参入が始まりました。この参入によって、個人でも所有可能な10万円程度の廉価な3Dプリンターが開発されはじめ、メディアによって蒸気機関とパーソナルコンピュータに並ぶ「第3の産業革命」や「夢の印刷機」などとされ、熱狂的なブームが起こりました。

FDMによる造形風景 FDMによる造形風景
TOPに戻るボタン