3Dプリンターと複雑曲面

従来の試作品は、板やブロック、円柱の材料から回転する刃物で目的物を削りだす切削加工(減算法)で行われていました。近年CADシステムの発展により、形状に自由度が生まれたため、一定方向から加工するだけでは製作困難な形状が増え、時間と費用が増加する傾向がありました。その解決策として、2次元の断面を断続的に積み上げる事(加算法)による、3Dプリンター(積層法)が用いられるようになりました。積層法では、従来の工法より短時間かつ低価格で複雑曲面を作製することが可能となりました。

複雑曲面なので切削加工が困難
複雑曲面なので切削加工が困難
複雑な形状をもつマニホールド部品
3Dプリンターであれば出力可能
TOPに戻るボタン