粉末焼結(ナイロン)造形を学ぶ

概要

ナイロン粉末造形・PA粉末造形・粉体造形・SLSなどとも呼ばれ、ナイロン(ポリアミド、PA)の粉末を熱レーザーで焼き固めて積層させる工法です。1995年頃から普及が始まり自動車業界で多く利用されています。仕上がりは、ざらついた表面で、白色不透明です。また、粉末焼結(ナイロン)造形はサポート(造形時の支え)が不要です。

概要

粉末焼結(ナイロン)造形方式の3Dプリンターのワークフロー CO2レーザー光による焼結方法 粉末焼結(ナイロン)造形方式でのデータ処理と光造形の流れ

1. 粉末を敷き詰めた上から赤外線レーザビームで断面形状通りに走査することにより、粉末同士を焼結させ、薄い固化層を作ります。(このとき、焼結により下層との接合も行います。)
2. 一層の厚さ分だけ、テーブルを下降します。
3. できた固化層の上に粉末を薄く敷き詰めます。
4. 1、2、3を繰り返すことにより、モデルを作製します。

・寸法精度
材料であるナイロン粉末は焼き固める際に収縮し、一層の断面積が大きい程収縮は大きくなります。

・積層について
積層厚 0.10mmでの作製が可能です。

長所

短所

・微細形状の再現
材料であるナイロン粉末の粒形は40μm程度と大きいため、それ以下の形状は再現できなく、表面がざらついた仕上がりとなります。

・冷却時間がかかる
急激な冷却は「そり」の原因となるため、少しずつ、時間をかけて冷却させます。

・精度
造形完了後、モデルが均一に冷却できないと収縮による「そり」が発生します。形状によって均一に冷却できず、「そり」が避けられない場合は分割や追加工が必要となります。

TOPに戻るボタン