JMCのサービスの特徴

| 蓄積されたノウハウ
JMCは1999年の3Dプリンターの黎明期から試作品を中心としたモデルの製作を続けて参りました。
近年、3Dプリンターの材料・工法の組み合わせは多岐に渡りますが、 新しい材料・工法についても常に検証を続けております。
JMCはその蓄積されたノウハウを生かし、お客さまのご希望に最適な工法をご提案いたします。

光造形で3Dプリントした製品
3Dプリンターの造形品に塗装を行う
光造形の装置
JMCの3Dプリントサービス

| 徹底したスピード対応
短納期対応するため、工場稼働を止めない環境を整えております。
工場を年中無休で稼動させることで迅速な製造を行い、納品までのスピードを短縮しています。
また、迅速なお見積回答※を掲げ、各種配達サービス、お引き取りやお持ち込みに対応いたします。
1日でも早く製品をお届けするための努力を怠りません。

※3Dプリンター出力のお見積りは、平日の営業時間内であれば原則1時間以内に回答します。
3Dプリントの現場

| 工法・材料の検証
エポキシ系樹脂やナイロン粉末、アクリル系樹脂、石膏粉末、ABS樹脂、PLA樹脂など、3Dプリンターで用いられる材料は都度変化しています。JMCは工法・材料ごとの適性を常に検証し、お客さまのニーズに対応できる体制を整えています。

粉末焼結造形のナイロン粉末材料

| 後加工への対応
塗装や真空注型、アルミ真空蒸着、ネジ加工などモデル作製後の加工も承っております。
ご希望のモデルにどの方式の3Dプリンターや後加工が適しているのか、ご不明な場合はぜひ一度ご相談ください。

3Dプリンターで製作した造形品
TOPへ戻るボタン
TOPに戻るボタン